フェイスリフトで切らずにキレイな顔に変身|安心の美容整形

切らずにリフトアップ

女性

糸を通して引っ張る施術

シワは、皮膚がたるんで幾重にも折り重なることでできます。そのためシワは、たるんだ皮膚をフェイスリフトによって切り取れば、消えることになります。しかしそのかわりに、切り取った部分には傷ができます。傷は目立たないことが多いですが、それでも気になるという人もいるため、昨今では切らないフェイスリフトがおこなわれるようになっています。具体的には、皮膚の内部に糸を入れ、それを顔の上の方へと引っ張るという施術です。糸にあわせてたるんだ皮膚も引っ張られるので、これによってリフトアップ効果が出てきます。皮膚の内部ですから、通した糸は表面からは全く見えませんし、皮膚を切り取らないので、当然傷跡も残りません。それでいてシワはなくなるので、この方法でのフェイスリフトを希望する人は、増えていくと考えられています。

糸の種類と効果の違い

切らないフェイスリフトには、多くの種類の糸が使われています。それぞれの糸は特徴が大きく異なっているので、どの糸を使用するかによって、フェイスリフトの仕上がりの具合も異なってきます。たとえば表面に細かな凹凸のある糸を通した場合には、その凹凸と皮下組織とが互いに食い込むことになります。そのため多少引っ張るだけで、高いリフトアップ効果が出てきます。また、黄金で作られた糸を通した場合には、金属による刺激を受けることで、皮膚が活性化します。つまりリフトアップ効果に加え、美肌効果も出てくるわけです。また、糸の異物感が気になるという人は、皮下で徐々に溶けていくという糸を選択することもできます。リフトアップした状態が安定する頃に溶けるので、溶けきっても効果は持続します。

微笑んでいる女性

美容整形を受ける

美容外科を受診する注意点として、カウンセリング当日までに、なりたい顔やスタイルを決めておき、担当医師に伝えられるようにしておくことが大切です。また、遠方からの来院の場合は、あらかじめ大阪市内のホテルに宿泊して治療を受けるのが望ましいです。

目元

すっきりした目になれる

二重の整形には、埋没法という糸でまぶたにラインを作る方法と、切開法という切開する方法があります。埋没法はまぶたを強くこすって糸が切れることがあります。切開法は元には戻りません。以上のことを知ったうえで整形しましょう。

花と女性

美容クリニック

大阪の美容外科ではブライダルエステも行っており、施術の効果が通常より期待できるのがメリットです。肌が敏感な方は、このような美容外科で施術を受けるのも一つの方法と言えます。このブライダルエステでは、目立つ部位を集中的にケアするのが特徴です。